特別セミナー

住まいの専門家による、住まいづくりに役立つ情報やトレンド情報が満載のセミナー。
会場すべてのセミナーが≪受講料無料≫です!

直接セミナー会場へお越しいただければ、誰でも受講することができます。

会場別でさがす
  • A会場
  • B会場
A会場
A会場
6月9日(金) 11:00~11:30
スーパーカーガレージ4
今まで建築してきたガレージに収納されるクルマはスーパーカーやクラシックカーなど特殊なクルマばかり。そこで、その特別なクルマに対して工夫した施工や、苦労話をベースにさまざまなガレージのアドバイスを紹介する。今までの経験をセミナーで紹介します。
Kurashima design 代表取締役 倉島 理行
1969年長野県生まれ。GarageLife Official Dealerを務め、スーパーカーのガレージを中心に新築からリノベーションまで設計する。愛車ポルシェ356にてラリーに参戦する。
A会場
6月9日(金) 11:50~12:20
建替えか?リフォームか?
第三の方法も・・・賢い選択術
●築30年…リフォームなのか、建替えか悩みどころ。何を基準に選択するかコンサルタントがお伝えします。
●それぞれのメリット、デメリットを詳しく解説しながら分岐点を徹底検証。
●建替えorリフォーム 第三の選択肢とは!?

★セミナー参加特典★
小冊子『リフォームで失敗しない6つの秘訣』をプレゼント!
ネクスト・アイズ(株) 代表取締役(住宅コンサルタント) 小野 信一
著者「家づくり必勝法」(NHK出版)、監修「はじめて家を建てました!」(ダイヤモンド社)、「マイホームの建て方・買い方」(西東社)など執筆や、ニュースメディアにも多数出演、講演など全国で活躍中。
A会場
6月9日(金) 13:00~13:30
スタンフォード大学AI博士が日本の住宅の未来を変えた
現在、家庭で使っている技術は前世紀のものです。
弊社のスマートホームは、住人の行動パターンを認識する人工知能を使い、深層学習で住人の意向を察知し、自動化します。例えば、カーテンが自動で開き、朝の光で起こしてくれたり、照明が適切に点灯し、色調も気分に合わせてくれる等、近代的で快適な生活ができます。
Brain of Things Inc., 最高経営責任者 アシュトシュ・サクセナ
スタンフォード大学人工知能博士
元コンーネル大学教授 食洗機食器整理ロボット及び他のロボットに作業指示するロボット頭脳を開発
スローンフェロー、スミソニアントップ8イノベーター
A会場
6月9日(金) 13:50~14:20
古い水道管の安価な修復・復元の方法が工業技術として完成
古い水道管を引き替える「更新工法」に代わる「復元工法」を紹介します。赤錆を黒錆に変化させることで水道管の薄くなった肉厚を元の厚さまで復元します。この画期的な工法「酸化被膜工法」の紹介。そして、赤錆が黒錆へと変わるメカ二ズム。現地の水からその実現可能性を調査する測定装置等も併せて紹介いたします。
都市拡業(株) BW事業部  井村 勝治
東京農大にてバイオ技術の基礎を学び都市拡業(株)のザ・バイオウォーター事業部で同社の「酸化被膜工法」に関する研鑚を重ねセールスエンジニアとして勤務中。
A会場
6月9日(金) 14:40~15:10
ムダな建築費200万円節約する方法
『やりたいことを諦めることなく』、建築費を下げる方法をお伝えします。
夢が膨らむマイホーム。建築費を低くしながら理想を叶えるには、普段は言葉になっていない、『あなたが本当に住みたい家』に気づくことが大切です。セミナーでは事例紹介とともに、『ムダな建築費をかけない家づくり』の具体的方法をお伝えします。
よしみ事務所 所長 吉見 紀子
よしみ事務所所長。一級建築士。大学卒業後、工務店に勤務。現場監督を経験しその後設計部に所属する。2015年に独立。住まいのプランニングとコーチングが一体になったハウジングコーチの資格を取得し活動中。
A会場
6月9日(金) 15:30~16:00
建築から不動産の垣根を超えて総合住宅企業を目指すネットワーク
「住宅不動産の取得が個人の資産形成に直結する社会」では、建築や土木、不動産の売買・管理など、自社の事業領域のみのサービスを提供する考え方では生き残れません。この先もお客様から選ばれ続けるために、提供できるサービスの幅を広げてゆくべきです。住宅会社から総合住宅企業へ成長するためのカギをお伝えします。
ハイアス・アンド・カンパニー(株) 事業開発本部 執行役員 矢部 智仁
住宅不動産業界の動向調査や市場調査を通じて得た知見を活かし、業界向けや消費者向けに講演や寄稿実績を多く持つ。大学での教育にも携わり、「不動産学基礎」「まちづくりPPPビジネス論」等の講義も行っている。
B会場
B会場
6月9日(金) 11:00~12:20
なぜ家具屋がビル一棟丸ごとリノベーションして成長を続けるのか?
リグナ(株) 代表取締役 小澤 良介
B会場
6月9日(金) 13:00~13:30
地盤ビッグデータ×最新のテクノロジーで不動産革命を起こす
自然災害大国の日本では、災害がもたらす生活への影響が心配されています。
災害への一番の対策は『安全な場所へ住むこと』。
現代は少子化や空き家問題等、古来の安全な土地が空いている状況です。国内の安全な場所は3割程度。地盤ネットは、誰もが安全な場所に住むことを推進し、不動産業界に革命を起こしていきます。
地盤ネットホールディングス(株) 代表取締役 山本 強
消費者の不利益解消という理念の下、改良工事を受注しない唯一の地盤解析専門会社を設立し、住宅地盤業界の革命を実現。2017年は、安全な場所に特化した不動産サイトをオープンし、住宅不動産業界の革命に挑む。
B会場
6月9日(金) 13:50~14:20
10年後生き残る地場企業へ!ノウハウ不問のリノベーションビジネス
請負型リノベーションで累計1100件以上の実績を持つ弊社は、多くのパートナー企業様とタッグを組み、お互いの強みを活かした業務提携により事業を拡大しています。必ずしもリノベーションについての知見がなくとも成果が出せる、業務提携の成功事例をご紹介します。
リノベる(株) 取締役副社長 大森 章平
1974年、千葉県に生まれる。2010年、代表の山下と共にリノベる株式会社を設立、取締役副社長に就任(現任)。フランチャイズやパートナー企業の加盟開発・SVなど、主にB2B領域の事業部を統括している。
B会場
6月9日(金) 14:40~15:10
木造住宅向けFRダンパーについて
2016年4月に発生した熊本地震以降、木造住宅に制震ダンパーを採用する動きが活発化している。 本セミナーでは、国内外の超高層ビルで多数の採用実績を誇るスリーエム ジャパン(株)が新たに開発した木造住宅向けFRダンパー(摩擦ダンパー)の特長と運用方法について紹介する。
スリーエム ジャパン(株) テープ・接着剤製品事業部 
リコンストラクションプロジェクト部 マネジャー 伊藤 秀樹
大学院修了後、構造設計事務所,建物管理会社を経て、2011年 8月 住友スリーエム(株)(現スリーエム ジャパン(株))に入社 ダイノックフィルム(意匠用内装材)のマーケティングを経て現職に至る。
B会場
6月9日(金) 15:30~16:00
「人にも地球にも優しい」 ことがリフォームの基本を変えます
リフォームの最優先課題は、住む人と地球環境に優しいこと。建物の構造は新築以上の強さが要求されます。それを実現するには、揺れながら耐える制振装置(MER)が不可欠です。人に優しいことは第1に健康。第2はコストが安いこと。第3は排水を汚さないことですが、これらを実現できるのは水処理装置エミールです。
(社)日本住環境支援機構 理事長 大瀧 実
20年間のハウスメーカー勤務後、本物の日本の住まいを訴求する為、住宅会社の指導から一般ユーザーへのセミナーも行っている。リピーターの多い、人気講師でありながら、独自性の高い商品開発も評判である。
会場別でさがす
  • A会場
  • B会場

ページ上部へ戻る